沿革

昭和54年9月
東都電機工業株式会社・名古屋出張所の業務一切を引継いで独立、中京地区総代理店として東都製品の販売および、修理とアフターサービスを主体に発足する。
昭和55年9月
東都電機工業株式会社との連繁を強化するため東京営業所を開設する。
昭和63年2月
薬液注入流量制御システムが新幹線東京駅乗入れ工事、および関電大飯原発増設工事にも採用される。
平成3年9月
社団法人日本薬液注入協会(現在の社団法人日本グラウト協会)の賛助会員に入会する。
平成4年3月
社団法人日本薬液注入協会(現在の社団法人日本グラウト協会)より圧力流量測定装置の同協会認定工場となる。
平成4年6月
500万の増資を行ない、新資本金1,000万円となる。
平成6年3月
代表取締役 伊藤実辞任により、取締役 太田勝己が代表取締役に就任となる。
平成8年4月
日本ジェットグラウト協会の賛助会員に入会する。
平成9年7月
1,000万の増資を行い、新資本金2,000万円となる。
平成15年4月
仙台出張所開設。
平成17年11月
大阪駐在員事務所開設。